読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョイスかわら版

NHKで放送されているチョイスの特集を記事にしています。

結核と肺Mac症の感染原因と治療法って?

健康関連の番組の最新情報がこのサイトに

あるので、よかったら覗いてみてください

文章は下手なとこあるけど、わかりやすく伝えようと

しているとは思います(笑)

健康関連番組の紹介ブログ

2017年4月29日放送のチョイス、今回は
結核と肺Mac症についての特集です


目次

若い人も他人ごとではない結核

39歳男性、結核で1か月間入院していました
まさか結核になるとは・・・と話していた
異変を感じていたのは、少し前
その頃から咳が少し出ていた。


仕事中大きい声を出すとなかなか声が出せない
という事もありました。


それから4ヶ月後、長引く咳、それと血痰が出た
まずいと感じ病院へ、この時まだ結核とはわかりませんでした。


結核と葉結核菌が引き起こす感染症、結核菌を吸い込み
肺の奥に住み着いてしまう、進行すると菌は増殖し
咳やくしゃみをした時に他人に感染させてしまいます
そのまま放置していると、肺を悪くしてしまい
血痰が出てしまうのです。


見つけにくい理由としては、まず疑われるのは風邪だから
咳でまず疑われるのは風邪ですからね。


過去の病というイメージがある結核ですが、現在
日本では潜在的な感染者数は2000万人いるのではと
言われています。


ここでのポイントは免疫、免疫力が低くなると
結核を発症してしまう可能性が高くなる


2か月後に肺の精密検査を受けることに
痰を調べたら結核菌が出てきて、咳の原因は
結核という事がわかった、そして入院。


治療には抗菌薬を毎日6か月間
4種類の薬を毎日服用する
男性は治療を始めて4か月で2種類まで薬を減らした


結核菌は感染するとすぐに発症するわけではなく
ゆっくりと進行していく、大体ではあるが
6か月から2年ほど。


喉の粘膜などに結核菌がくっついていると
体外へ排出させることができるので感染の可能性は
ほとんどないが、肺胞のところまで結核菌が
到達していれば感染してしまう。


結核に感染しやすい人は
・70歳以上
・他の病気で体が弱っている
・特定の薬を使っている
・やせすぎ
・喫煙者
となっている。
他にもこのような条件がある
f:id:ladyfirst:20170522232702j:plain


咳で受診するいいタイミングというものがあり
2週間後がちょうどよい、1ヶ月だと飛沫感染を
させてしまう可能性がある、2週間以上咳が
続くと風邪ではないという事が考えられる。


結核と診断されたら治療費というのはどうなるのか?
医療費公費負担制度を利用したら、通院で
薬や検査費用5%だけ負担すればいいだけです
所得によって変わってくる面はあります
入院の場合は全額公費負担となる。


薬の飲み忘れを防ぐチョイス
薬を飲み忘れる事が多いのですが、先ほどの
男性は薬を服用して4か月経つが
毎日きちんと薬を飲んだらノートに書き込んでいる。


結核の治療では、薬を飲み続けることが重要
結核菌は色々なタイプがいる、なので複数の抗菌薬で
菌を死滅させていく、薬を途中でやめてしまうと
その薬の耐性菌を生み出す事となってしまう。


結核のお薬主力2種類が効かなくなると
多剤耐性結核菌となる、不適切な治療では
結核は治らないという事ですね、耐性結核になると
治療が困難となり、人にうつしたり最悪命を落とす事にも・・・


飲み忘れ防止のため、ドッツと呼ばれる
入院期間中に看護師さんが持ってきた薬を確認し
声に出して数を確認、そして服用するという
方法をとっている
これによって多剤耐性結核菌は減っているとのこと。


多剤耐性結核の治療は、手術が行われることがある
新しいお薬が登場しているが、これは高額です。


1年間に発病する患者ですが
結核は人工10万人に対して10人前後
しかしある病気は、14.7人なのです・・・
そのある病気とは?


結核とよく似た肺Mac症とは?

最近日本で急増している病気があります
それが肺Mac症という疾患です


Mac菌というのは結核菌の親戚のようなものですが
人から人への感染はなく、土の中や水の中に
Mac菌は生息して、それを吸い込むと免疫が低ければ
咳や痰の症状が現れてしまう、進行すると
呼吸困難となる。


肺Mac症を経験した83歳の女性、20年前に
胸のX線写真を撮ったところ、白くなっていて
詳しく調べると肺Mac症がわかったのです。


すぐに抗菌薬で治療をして完治をしました
しかし14年後に再発、なんと肺に穴もあいた!


病気の進行がゆっくりなので気づきにくい
という特徴がある、咳や痰が軽ければ
わからないですよね。


どちらも早期発見できたのですが、どうしてか?
これは市から来る定期検診のおかげだそうです。


肺Mac症は40歳以上の女性に多いと言われている
また、肺Mac症の完治という点では3割程度
7割は進行を抑える、それだけ治りにくい疾患です
症状が軽い場合は経過観察という事もあります。