読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョイスかわら版

NHKで放送されているチョイスの特集を記事にしています。

股関節のトラブルで気を付けておきたいこと

健康関連の番組の最新情報がこのサイトに

あるので、よかったら覗いてみてください

文章は下手なとこあるけど、わかりやすく伝えようと

しているとは思います(笑)

健康関連番組の紹介ブログ

2017年3月4日放送のチョイス、今回は
股関節のトラブルについての特集
高齢者が転倒で骨折してしまうと、高確率で
寝たきり生活を強いられる股関節
どのように守っていけばいいのでしょう。


目次

股関節に起こるトラブルとは?

61歳女性、2015年の8月に違和感を覚えました
右足だけ靴下が上手く履けない、車から乗り降り
するときに力が入らない・・・
その一か月後に右股関節に痛みが出てきました
僅か数百m先の駅までも休み休みにいかないと
行けないようになっていた。


その後はたつこともままならないようになりました
整形外科を受診することに、すると
手術を勧められたのです。


女性は軟骨の減りが激しいという事がわかった
足と股関節をつなぐ、関節軟骨が
すり減っていた、これを変形性股関節症といいます。


股関節の病気を患っている人は、全国に
400万人から500万人いると言われている
そのほとんどが、変形性股関節症です
40代から50代の女性が多く患う。


また悪化していても気づかないことが多い
その理由として、痛みが別の場所に出る事があり
例えば腰や、臀部、ひざなど
というように別の部位に痛みが出てしまう。


その理由は、股関節には色々な神経が通っている
その神経が腰やひざ、臀部に繋がっていて
原因の部位とは異なる場所に痛みが起きてしまう
これを放散痛といいます。


他の症状は
・足の爪がうまく切れない
・あぐらをしにくい
・靴下がはけない
・左右に揺れて歩く

骨が変形しているため、関節軟骨の部分が
上手く動かせないのです。


加齢で股関節の関節軟骨はすり減る
歩いたりするだけでも、関節には体重の
7倍から10倍の負荷がかかっていると言われています
股関節の痛みがひどい場合は整形外科へ。


女性はどのような選択をしたのでしょうか?
それは人工関節置換術というもの


骨盤の一部と大腿骨の一部を削り
股関節側と太ももの骨の方に金属を取り付ける
手術、今はナビゲーションシステムを駆使して
手術を行えるようになり、より正確な手術が
出来るように、時間も1時間半程度です。


女性はその後痛みがなく歩けるようになり
ストレッチや運動もできるようになりました。


しかし気を付けておきたいこともあります
・対象は60歳以上 つけた人工関節がすり減るため
・入院は1ヶ月程度 2日目からリハビリが始まるため 
・術後、脱臼に注意する 

体育座りや和式トイレでの姿勢、内またなどは
脱臼をしやすい姿勢といわれております。


では60歳未満で股関節が痛くなってしまった場合
どうしたらいいのかというと、骨切り術
という手術を行います。


骨切り術というのは、股関節側の骨を切り
太もも側の関節の先の部分に合わせるように
股関節を切って移動させるという手術です。


対象は50歳未満で、入院は2ヶ月程度
術後は再手術の可能性があります、その場合は
人工関節置換術の場合が多い。


50歳未満で悪化したらどうする?

59歳女性、10年前に変形性股関節症と診断されました
両脚とも変形性股関節症だったのです。


49歳だったので、人工関節置換術は早いと医師に
言われました、2回手術をしないといけない可能性が
ありますからね。


そこで女性が選択したのは、ストレッチでした
股関節の痛みを和らげる運動をしたのです
すると、効果がすぐに現れ痛みが和らいでいった。


そのポイントは力を抜いた状態で股関節を
良く動かすというもの、女性はこの運動を
取り入れたことで痛みが緩和され、手術を
先延ばしにすることができています。


股関節を動かしている筋肉はなんと20以上も
あると言われています、それぞれをリラックスさせる
という事が大切です。


股関節のストレッチのやり方

・ひざ横揺らし運動
1 椅子に浅く腰掛ける
2 足を肩幅程度に開き、内側と外側に揺らす

力を抜いて動かすことがポイント


・骨盤起こし運動
1 椅子に浅く腰掛ける
2 腰に手をあてて、ゆっくりと骨盤を前後に傾ける

これをすることで腸腰筋が動いてくれる
1日10回を2セット行いましょう。


・うつぶせお尻振り運動
1 枕を床に敷き、その上に骨盤が乗るようにし
  うつぶせになる
2 背中の力を抜き小刻みにお尻を振る
  背中は揺れないように注意する

1日30秒を1セット


・ひざ開き運動
1 仰向けになり、両脚を揃えてひざを立てる
2 手はお腹の上に乗せてリラックス
3 ひざをゆっくり開いていきます
4 ひざを閉じてゆっくりと元の体勢に戻す

ゆっくりと行いましょう、1日10回を2セットです。


これらを行う事で股関節の痛みが緩和されていきます
是非痛みがある方はやってみましょう。