読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョイスかわら版

NHKで放送されているチョイスの特集を記事にしています。

肝臓の検査数値を見ることである程度肝臓の状態がわかる

健康関連の番組の最新情報がこのサイトに

あるので、よかったら覗いてみてください

文章は下手なとこあるけど、わかりやすく伝えようと

しているとは思います(笑)

健康関連番組の紹介ブログ
2016年10月15日放送のチョイス、今回は
検査でわかる肝臓の病気、肝臓は
人間の体の中でも肝心要とも言うべき
とても重要な臓器です、どんな病気が
あるのでしょうか?

目次

脂肪肝の人は現在2000万人もいると言われている

この脂肪肝から肝硬変や肝臓がんへなる人も
増加傾向にあるとのこと。


重さは体重の50分の1でおよそ1.2㎏
体積は人体で最も大きい臓器とされています
代謝や解毒を行う臓器でもある。


76歳男性、32歳の時に母親を肝臓がんで亡くしました
男性は20代からビールを大量に飲み続け
多い時で1日10本は飲んでいたそうです。


異常が見つかったのは60歳の時、肝臓の数値を
示すγーGTPが基準値の7倍にもなっていたのです。


体内にアルコールが入ってくると、アルコール
分解酵素がまず働き、同時にγーGTPも出てくる
アルコールが多く入ることでγーGTPも多く出てきて
それが血管に流れ出ていく、そのため値が高くなる。


男性はこの時脂肪肝の状態となっていたのです
脂肪肝になる仕組みは、アルコールを解毒するとき
アルコール成分を無害化にし肝臓から排出させる


糖や脂質も同様で、脂肪細胞にしてから
肝臓から排出させる、しかしアルコールを大量に
摂取してしまうと、解毒一辺倒の処理に肝臓が
なってしまって、糖や脂質は後回しとなる
それが肝臓に溜まることで脂肪肝となってしまう。


男性は結局精密検査の結果、3㎝ほどのがんが
見つかったのです。


脂肪肝がわかっていてもアルコール摂取をやめず
肝臓で炎症が起こるようになりました
これが肝炎です、肝臓に炎症が出来ると肝臓が
硬く萎縮してしまい肝硬変と呼ばれる状態になる
それがガン化したのが肝臓がんです。


男性は早期発見の部類だったので、無事に治療が
出来ました、その後はお酒を一滴も飲まなくなりました。


肝臓の状態を示す項目はこれだけあります
血液検査でもわかる。
・ALT
・AST
・γーGTP
・ALP
・総たんぱく
・総ビリルビン
・アルブミン
・コリンエステラーゼ
・総コレステロール
・血小板
となっています、特に重要なのが上から3つです


ALTは肝臓にある酵素で、アルコールで肝細胞が
壊されると血液に漏れ出てくる。


ASTもALTと同様で、アルコールで肝細胞が
破壊されると血液に漏れ出てくる
これらの量が肝臓の状態を示す指標となる。


量の多さで病気との関係もわかってくる

f:id:ladyfirst:20161025014700j:plain

また健康診断の検査を受ける際、アルコール摂取を
やめてしまう人がいるのですが、γーGTPは
1週間禁酒したら正常値に戻る場合が多い
なので、普段通りにお酒を飲み検査をした方が
肝臓の状態を知ることができます。


飲み過ぎの基準というのがありまして

f:id:ladyfirst:20161025014702j:plain

お酒好きには何とも物足りない量ですね。


また休肝日は設けた方がい、そうじゃないと
肝臓がずっと働きっぱなしとなってしまうので。
お酒の酔いというのは6時間もすれば
覚めてきますが、肝臓がアルコールを無害に
する処理というのは24時間程度かかると言われている。


血液検査で基準値を超えた場合
番組ディレクターが検査をすることに
ALTの数値が若干高かったので。


まずは肝臓のエコー検査をする、肝臓の表面
凹凸などを診ていく
ディレクターは白く見えていたので脂肪肝の
所見だったようです。


次にMRエラストという検査、肝臓に振動を与え
肝臓の硬さを計測する。

お酒を飲まないのに脂肪肝!?

鈴木さんという女性、4年前に肝臓の検査に
引っかかってしまいました、ALTとASTが基準値
よりも高かったのです、脂肪肝になっていました。


だけど鈴木さん、アルコールを一滴も飲まないのです
どうして脂肪肝になったのか?
食生活に原因があり、脂肪分や糖分の多い食事をすると
内臓脂肪がたまっていき、それが肝臓へも
運ばれあまりに量が多いので処理しきれなくて
脂肪肝となったのです。


その後肝生検を行った結果
『非アルコール性脂肪肝炎 NASH』
と診断されたのです、最初に脂肪肝が
わかった3年後にです。


NASHというのは
脂肪肝になった肝臓は溜まり続ける脂肪を
燃やそうとします、その過程で有害な活性酸素が
発生し肝臓の細胞を傷つけ炎症が起きる
この状態がNASHです。


症状が進むと肝硬変となり、次に肝がんへ
進行していく可能性が高いです。


鈴木さんはNASHが発覚してから運動を週3回
食生活の見直しを現在行って、NASHを改善
していこうとしています
現在NASHの治療薬というのはありませんので。


NASHと診断され、約半数が6年から7年で肝硬変
更に約2割から3割が肝臓がんになると
言われています。


またこの他にもウイルス性肝炎というのもあり
これは普通の健康診断では検査できませんので
予め別で検査を受ける必要がある。