読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョイスかわら版

NHKで放送されているチョイスの特集を記事にしています。

若返りトレーニングで4つのお悩み解決!話題の筋膜ほぐしも紹介されてました

健康関連の番組の最新情報がこのサイトに

あるので、よかったら覗いてみてください

文章は下手なとこあるけど、わかりやすく伝えようと

しているとは思います(笑)

健康関連番組の紹介ブログ
2016年10月8日放送のチョイス、今回は
若返りトレーニングという特集です。
筋肉は使わなくなると段々と体に悪影響が
出てきてしまう、なるべくなら筋肉は
落としたくないですよね。

 目次

体を動かすとき不便に思う事は?

・手をついてじゃないと立ち上がれなくなった
・つまずきやすくなった
・高い場所に手が届かない
・瓶のふたが開けられない
という声が多かったのですが、これを
放っておくと実はとんでもないことに
なる時があるのです。


ひざの痛みに悩んでいた73の女性、4か月前に
ひざの痛みで歩けなくなってしまったのです
検査の結果変形性膝関節症と診断されました。


変形性膝関節症は簡単にいうとひざ関節の
軟骨がすり減り骨同士がぶつかる病気です。
女性はつたい歩きが精いっぱいという
状況となってしまいました。


踏み込むと激痛がはしるし長時間立っている
という事も出来なくなった。


治療は湿布を処方されただけ、当然ひざは
悪化していきました、次第に女性は外出も
出来なくなっていった。


そして体を動かさない生活が多くなっていきました
これこそが膝の痛みが治らない理由の1つ
だったのです。


筋肉は使われないと、必要ないのかなと
みなされてしまい、筋肉は減っていってしまうのです。


どういう事かというと、筋肉には筋繊維の集合体で
この筋繊維が減っていく、女性の場合も
膝の痛みのため動かさなくなり、ひざ周りの筋肉が
減っていき周りが不安定となり痛みが余計
増していったと考えられるのです。


女性はここであるチョイスをしました、それは
理学療法を受けるようにしたのです。


モビライゼーションといい、動きが悪くなった
関節や筋肉の動きを良くする治療
もみほぐしていく治療が多く
他にも女性はひざに良い筋トレもしていきました
現在ではすたすたと歩けるようになったとのこと。


筋トレですが、昔は70代位になると
筋肉の成長はない、なんていわれてましたが
80代でも90代でも鍛えれば、筋肉はついていきます。

悩み別若返りトレーニング

お悩み1 階段を上がるのがつらい場合のトレーニング
椅子に座って片脚を前に5秒伸ばす、その際
腰を丸めないようにしましょう、そうすると
姿勢が悪くなってしまうのでまっすぐ伸ばす。
左右10回ずつを1セットとして、1日3セットやる。


お悩み2 つまずきやすい場合のトレーニング
1 椅子の背にもたれる
2 太ももとつま先を引っ張り上げる5秒キープ
(膝を胸によせていくような感じであげていく)
3 左右交互に行う


お悩み3 高い所に手が届かない場合のトレーニング
1 まず肩の高さまで腕を上げる
2 胸の前で腕を使いひし形を作る

f:id:ladyfirst:20161021034300j:plain

3 あごを引き胸を突き出し、腕はうしろへ
  画像の様な感じで20秒キープ
f:id:ladyfirst:20161021034237j:plain
4 20秒たったら両肘をくっつけるように寄せ
  肘を付けたまま腕を上に10秒あげる
広背筋や大胸筋に効果的です。


お悩み4 瓶のふたが開けられない場合のトレーニング
1 手を開き指の第1関節と第2関節を曲げる
2 それから3つ目の関節を曲げる
3 指をこのように伸ばす

f:id:ladyfirst:20161021034312j:plain

4 伸ばした指を再びこのようにする

f:id:ladyfirst:20161021034320j:plain

5 手をパーにする


日常生活の中での若返りトレーニング
例えば掃除をする際に、今販売されている掃除機は
腰をあまりかがめないようにできています
しかし長時間同じ姿勢をとると疲れてきますよね。


なので掃除をするときに、ひざと股関節を曲げ
一歩踏み込んで掃除をしたりすると
筋肉が使われるので、トレーニングとなる。


腕を大きく振り大股で、お腹に力を入れ
お尻の筋肉も意識しながら歩くようにするのも
歩きながらのトレーニングになります。

肩の痛みで日常生活が大変に

49歳女性、左肩の痛みが1年半前に出ました
最初は首の付け根辺りからはじまり、3か月後には
肩まで痛むようになりました。


日常生活にも影響が出てしまい、病院へ行くことに
そしたら肩の痛みの影響が、以前治療した
子宮筋腫の手術が関係していると言われたのです。


その原因は筋膜のねじれだったのです
お腹の手術の影響で筋膜がねじれて、左肩の筋膜が
引っ張られて肩関節が前に出てきてしまう
この影響で肩に障害が起きたと考えられるのです。


そこで病院で行われた治療は
筋膜マニュピレーションというもの
筋膜のねじれを手を使いほぐしていく手法。


傷口の筋膜をほぐしていく、肩関節の位置を
治していくという事を今回はされていました
7か月間週に1回行っていったそうです。


他にも肩の部分だけ後ろに引いて5秒間キープ
もちろん肩だけしか動かしてはいけません
腹筋も行います、お腹に力を入れ5秒キープ
結果的に肩の痛みは和らいだそうです。


筋膜をほぐしていく方法は、このサイトに
詳しく掲載していますので参考にしてくださいね。

eyaurban.com